抜け毛の前兆

危険な薄毛の前兆を察知してハゲないように対策しよう!

薄毛の前兆ってどんなものかご存知でしょうか?

そもそも薄毛の前兆といってもどんなサインかわわかりかねる事が多く、気づいたら髪の毛が少なくなっていた。。

なんてこともしばしば。

ですが、そんな中でも少なからず抜け毛や薄毛の前兆に気づけることがあります。

それは、髪の毛の質が以前より細くなっているということ。

髪の毛には成長、維持、退行などと一定の周期があるのですが、体調不良や栄養不足などのさまざまな理由からこの周期が崩れてしまい、髪の毛に元気がなくなってしまうのです。

そうなると十分な栄養補充ができない髪の毛は自然と細くなってしまい、ボリュームが減り、最終的には髪の毛全体が薄くなってしまうのです。

これらを事前に気づいたり対策するためにも、ある程度、髪の毛からの危険なサインを見逃さないようにしましょう。

こんな場合もある

髪の毛が細くなることで薄毛に近づいているということを前述していますが、100%そうかと言われるとそうでもないのです。

一時のストレスによる円形脱毛症やその他ストレスによる疲労、女性の場合は妊娠などでもホルモンのバランスが崩れてしまい髪の毛の周期がいつもと異なることで、細い髪の毛になってしまう場合もあります。

なので、一概に髪の毛が細くなったからといって薄毛や抜け毛に気を付けなければいけないという事でないのが、難しいところではあります。

将来的にハゲたくない方は、少しでも気になった時点で専門のクリニックなどに相談しに行くことをオススメします。

まずは落ち着いて予防を!

前述している通り、本当に薄毛が気になる方は専門の治療院で相談してみるのが一番ベストです。

多少なりコストはかかりますが、後々のことを考えると専門家の診断が一番信用できるからです。

ただ、もしも自分で気づけるようならば、まずは日々の生活習慣を見直してみましょう。

寝不足になっていないか?睡眠はとれているか?偏った食生活ではないか?など思いつく部分があるかもしれません。

他にもタバコやアルコールなど、一般的に健康面として気を付けるべきポイントは薄毛にも気を付けておくべきです。

前兆に関するまとめ

こちらのページでは薄毛に関する前兆について紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

薄毛の前兆を見分けるのは素人目線では少し難しい部分もあります。

一番大切なのは日々の健康状態をしっかりと管理しておくこと。

できることはすべてやっておくべきです!

それでも遺伝の関係やホルモンバランスの乱れで発症する恐れがありますが、ある程度はおくすりやクリニックでの治療で改善も見込めます。

諦めずに治療する方法を考えましょう。