抜け毛の治療方法

若い年代からの脱毛症の理解を深めて正しい治療法を知ろう!

今当サイトを訪れているかたは、少なからず薄毛や抜け毛に困ったり、本気で悩んだりしている方だと思います。

皆さんは脱毛症や抜け毛についてどれくらいの理解度・知識があるのでしょうか?

ここでは少し年齢層を下げて、若い世代でハゲてしまう「若ハゲ」について少し詳しく説明したいと思います。

ある日突然自分の抜け毛や薄毛の多さに気づいたとき、アナタはどうしますか?

まずは、いろいろとネットで調べたり、育毛剤などを購入して試してみたりと行動することはだいたい同じだと思います。

病院に行けば一番早い気もしますが、多少なり恥ずかしさもあってすぐに行動に起こせない方も多いという事実があります。

ですので、ここで病院での治療方法を少し紹介して、抜け毛に悩んでいる方のタメになればと思います。

若ハゲの治療法をご紹介

<育毛メソセラピー>

これは気になっている薄毛の部分におくすりを注入するタイプの治療法です。

さらに超音波や治療法のレーザーをその気になる部位にあてることで、注入したおくすりの効き目をより良いものにするというものです。

毛の細胞を活発にさせることが期待できるとされていますが、100%増毛できるという確信には至っていないようでもあります。

<植毛>

薄毛になった方はこの植毛のイメージが強いのではないでしょうか?

単純に髪の毛の少ない部分に移植していく治療法ですが、実際にどうなるかはやってみないとイメージが沸かないですね。

テレビや雑誌でも紹介されていますが、気になる方は治療院で詳しく聞く事をオススメします。

<薬による治療>

この治療法も王道と言えますが、脱毛症などはホルモンバランスによる原因が大きいとも言われています。

ですので、ホルモンに働きかける成分を含んでいるおくすりを継続して飲み続けることで改善していくとされています。

主に、フィナステリド成分やミノキシジル成分、この2つをうまく飲むことで男性型脱毛症などにはとっても有効的と言われています。

治療法まとめ

上記の項目にて脱毛症の治療方法について紹介してきましたが、ある程度理解が深まったのではないでしょうか?

脱毛症に限らず、だいたいの薄毛・抜け毛は病院で診断してもらってから治療をはじめるか、自分で生活習慣を改善したり、育毛剤を使ったりして様子をみるかのパターンにもなってきます。

あなたがどの治療法を選ぶかは自由ですが、お金をかけて治療するのであればより有効的な対策をすることが大切です。